トライアスロン用ウェットスーツ Aperitif Wetsuit 3:5 - Black/Red [メンズ] HBMW17121

 ダブルタップでズーム

柄がある生地を使用した商品について 掲載写真は例であり、柄の配置、向きは1点ごとに異なります。お選びいただけませんのでご了承ください。

DESCRIPTION

HUUBが持つ知識、技術、科学的リサーチ力。現時点までに積み重ねてきた経験の、全てを活かしたウェットスーツを開発する事。これがHUUBの誇りであり、強みでもあります。
トップアスリートとして活躍するブラウンリー兄弟やヘレン・ジェンキンス選手をはじめ、トライアスロン界において名だたる最速スイマー達にとってもHUUBの存在と影響は大きくなりつつあります。もちろん、エンドユーザーへ向けた最速ウェットスーツの開発に、HUUB社として妥協する事はありません。

厚みのあるネオプレンを使用して浮力だけを搭載したウェットスーツは、HUUBにとってもはや過去のスタイル。HUUBウェットスーツの特長は、下肢部の浮力を強化して胸部の浮力を少なくしている設計です。そうして水中で身体を水平に保つ事で、水流抵抗を減らした効率的なスイムポジションが生み出されます。
HUUBのAperitifトライアスロンウェットスーツは、柔軟性に富んだ動きと、最も快適なスイムポジションが取れるよう設計されています。 パフォーマンス性にも長けた、HUUBウェットスーツを体感いただけるエントリーモデルです。


【特長】
  • 3:5の浮力設計。ボディポジションを向上させ、水抵抗を減らす
  • 脇の下には柔軟性を最大限サポートする1.5ミリ厚の素材を使用
  • 科学的にも検証済の、ネオプレン厚コンビネーション
  • 表面の水流抵抗を減らす構造設計
  • 柔軟性と動きやすさを考慮した、特別パネル設計
  • 足首と手首部分には、素早い着脱を可能にするスピードカットアンクル&カフを採用

サイズ感やモデル選びに不安のあるお客様は、お気軽にお問い合わせください。
トライアスロン熟練スタッフが直接、アドバイス・お答えをさせていただきます。

メンズ ウェットスーツ サイズガイド - Mens Wetsuits Size Guide

ウェットスーツのサイズガイドは泳力の高いエリート選手用に設定されています。一般的にはワンサイズ上のサイズをおすすめします。サイズが心配な方はお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが対応いたします。

↓身長/体重→ 〜50kg 〜55kg 〜60kg 〜65kg 〜70kg 〜75kg 〜80kg 〜85kg 〜90kg 〜95kg 〜100kg 〜105kg 〜110kg
〜140cm -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜145cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜150cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜155cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜160cm -- XS XS / S S S -- -- -- -- -- -- -- --
〜165cm -- -- S S S -- -- -- -- -- -- -- --
〜170cm -- -- S S S / M M M SS SS SS SS -- --
〜175cm -- -- S / ST S / ST S / SMT / M SMT / M M SS SS SS SS -- --
〜180cm -- -- ST ST SMT / M / MT SMT / M / MT / ML M / MT / ML ML / L L / SS L / SS SS -- --
〜185cm -- -- ST ST SMT / M / MT SMT / M / MT / ML M / MT / ML ML / L L / XL / SS L / XL / SS XL / SS XL / XXL XXL
〜190cm -- -- -- -- MT MT / ML MT / ML ML / L L / XL L / XL XL XL / XXL XXL
〜195cm -- -- -- -- MT MT / ML MT / ML ML / L L / XL L / XL XL XL / XXL XXL
〜200cm -- -- -- -- -- -- -- -- XL XL XL XL / XXL XXL
〜205cm -- -- -- -- -- -- -- -- XL XL XL XL / XXL XXL

ウエットスーツは身長と体重の両方の点から適切にフィットする必要がありますが、楽な着心地をお求めの場合は1サイズ上のサイズをお選びください。タイムの向上という点では適正サイズをお選びください。複数のサイズが該当する場合は、最も大きいものを選んでいただいたほうがフィットしやすいです。

ウェットスーツの袖は、肩周りが突っ張らないように、手首の骨(尺骨の先端)を指1本分以上は露出させます。腕の旋回が窮屈な場合は、袖口から更に腕を出し、上腕のフィットを緩めます。

脚部では、脛を3/4程ウェットスーツから出してください。くるぶしまで隠れてしまう事はありません。

首はウェットスーツの中で最も水が浸入しやすい場所なので、しっかりとフィットしている必要がありますが、呼吸が苦しくならない程度のフィット感です。首が詰まっていたり、緩すぎる場合は、サイズが合っていません。

ウエットスーツには男性用と女性用がありますが、フィット感や浮力バランスが異なります。男性用を好んで着用する女性もいます。