トライアスロン用ウェットスーツ Albacore Wetsuit 3:5 - Black/Red [メンズ] HBMW17508

 ダブルタップでズーム

柄がある生地を使用した商品について 掲載写真は例であり、柄の配置、向きは1点ごとに異なります。お選びいただけませんのでご了承ください。

The Albacore Project

水流抵抗が低く世界最速で俊敏な潜水艦の建造にアメリカの研究者たちが取り組み始めたのが1949年のことでした。その潜水艦の名がアルバコア。その革新的なプロジェクトはサイエンス・リサーチ・リアリティーの究極の1例、いいかえればアイデアの創出、研究、検証、そしてたゆまなく改良を繰り返す長い道のりでした。

その歴史を見本に始動したのがHUUBのアルバコア・プロジェクト。水中最速の製品を開発すること、それがHUUBの使命です。 新素材と新テクノロジーの開発の継続は、問題点に対する答えより新たな疑問に結びつくことの方が多いのですが、それがオープンウォーター、トライアスロン、プール環境で最高の製品を創り出す道に繋がっています。

フーブ・トゥーサン教授率いる研究開発チームは販売シーズンやプレッシャーを度外視して研究を進めているので、製品は可能な限り最速に達したタイミングで市場に発表されます。アルバコアは世界最高峰のプロジェクト。HUUBは文字通り寝食を忘れて日夜研究解析を続けています。
スピート性能の向上の陰には目にみえない努力の積み重ねがあるのです。


トライアスロン業界最高レベルの頭脳とテクノロジーを集積した、トライアスロンウェットスーツ。

【特長】

  • アームストロークの効率性を向上するキネティック・リリース
  • HUUB独自のカーフ・リリース
  • ヒップとコアの浮力を向上するDLP
  • 通常・エアロドームネオプレンより浮力が40パーセント増強
  • 伸縮性のあるローネックライン
  • スーツを着ていない感覚のアンダー・アーム
  • ブレークアウェイジッパー

サイズ感やモデル選びに不安のあるお客様は、お気軽にお問い合わせください。トライアスロン熟練スタッフが直接、アドバイス・お答えをさせていただきます。

メンズ ウェットスーツ サイズガイド - Mens Wetsuits Size Guide

ウェットスーツのサイズガイドは泳力の高いエリート選手用に設定されています。一般的にはワンサイズ上のサイズをおすすめします。サイズが心配な方はお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが対応いたします。

↓身長/体重→ 〜50kg 〜55kg 〜60kg 〜65kg 〜70kg 〜75kg 〜80kg 〜85kg 〜90kg 〜95kg 〜100kg 〜105kg 〜110kg
〜140cm -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜145cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜150cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜155cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜160cm -- XS XS / S S S -- -- -- -- -- -- -- --
〜165cm -- -- S S S -- -- -- -- -- -- -- --
〜170cm -- -- S S S / M M M SS SS SS SS -- --
〜175cm -- -- S / ST S / ST S / SMT / M SMT / M M SS SS SS SS -- --
〜180cm -- -- ST ST SMT / M / MT SMT / M / MT / ML M / MT / ML ML / L L / SS L / SS SS -- --
〜185cm -- -- ST ST SMT / M / MT SMT / M / MT / ML M / MT / ML ML / L L / XL / SS L / XL / SS XL / SS XL / XXL XXL
〜190cm -- -- -- -- MT MT / ML MT / ML ML / L L / XL L / XL XL XL / XXL XXL
〜195cm -- -- -- -- MT MT / ML MT / ML ML / L L / XL L / XL XL XL / XXL XXL
〜200cm -- -- -- -- -- -- -- -- XL XL XL XL / XXL XXL
〜205cm -- -- -- -- -- -- -- -- XL XL XL XL / XXL XXL

ウエットスーツは身長と体重の両方の点から適切にフィットする必要がありますが、楽な着心地をお求めの場合は1サイズ上のサイズをお選びください。タイムの向上という点では適正サイズをお選びください。複数のサイズが該当する場合は、最も大きいものを選んでいただいたほうがフィットしやすいです。

ウェットスーツの袖は、肩周りが突っ張らないように、手首の骨(尺骨の先端)を指1本分以上は露出させます。腕の旋回が窮屈な場合は、袖口から更に腕を出し、上腕のフィットを緩めます。

脚部では、脛を3/4程ウェットスーツから出してください。くるぶしまで隠れてしまう事はありません。

首はウェットスーツの中で最も水が浸入しやすい場所なので、しっかりとフィットしている必要がありますが、呼吸が苦しくならない程度のフィット感です。首が詰まっていたり、緩すぎる場合は、サイズが合っていません。

ウエットスーツには男性用と女性用がありますが、フィット感や浮力バランスが異なります。男性用を好んで着用する女性もいます。