アウトレット トライアスロン用ウェットスーツ Aerious II Wetsuit 3:5 - Black/Charcoal [メンズ] HBMW15503

 ダブルタップでズーム

柄がある生地を使用した商品について 掲載写真は例であり、柄の配置、向きは1点ごとに異なります。お選びいただけませんのでご了承ください。

DESCRIPTION

トライアスリートの85%はスイム競技出身ではない、という事実。これは足が沈みがちな泳法になってしまっているユーザー層が、多く存在することを意味します。

HUUBではアスリートのスピードを増強するウェットスーツ開発の為、研究や科学的実証のデータを多く活用しています。快適さや柔軟性だけでなく、ウェットスーツ着用による恩恵が最大限受けれるよう、的確に浮力バランスを配置しています。また、各々のスイミングスタイルや体型に悪影響を及ぼさないよう考慮されています。
HUUBが開発した最適な浮力バランス「3:5」は、3ミリ厚の素材をチェスト部分に、5ミリ厚の素材を下肢部分に使用し、下半身の浮力を増強する事で水面に対してボディが水平になるよう計算されています。

水抵抗を上手く受け流すボディコントロールを実践できれば、より速く効率的に泳ぐ事が可能になります。 HUUBの Aerious 2 は、より速いスイムを目指すアスリートに向けて開発されたモデルです。

【特長】

  • 足が細め、下半身の浮力が弱めのアスリート向け、HUUBラインナップの中でも最速ウェットスーツ
  • 進化したX-Oスケルトンを採用し、更に増強された浮力と安定感
  • とても柔軟性と浮力に優れたネオプレンを使用
  • 足が沈みがちな泳法のユーザーに最適な浮力配分「3:5」を採用

サイズ感やモデル選びに不安のあるお客様は、お気軽に CONTACT US よりお問い合わせくださいませ。
トライアスロン熟練スタッフが直接、アドバイス・お答えをさせていただきます。


※同モデル内での交換・未使用商品に限ります
※商品到着から10日以内が対象期間となります

メンズ ウェットスーツ サイズガイド - Mens Wetsuits Size Guide

ウェットスーツのサイズガイドは泳力の高いエリート選手用に設定されています。一般的にはワンサイズ上のサイズをおすすめします。サイズが心配な方はお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが対応いたします。

↓身長/体重→ 〜50kg 〜55kg 〜60kg 〜65kg 〜70kg 〜75kg 〜80kg 〜85kg 〜90kg 〜95kg 〜100kg 〜105kg 〜110kg
〜140cm -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜145cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜150cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜155cm -- XS XS -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
〜160cm -- XS XS / S S S -- -- -- -- -- -- -- --
〜165cm -- -- S S S -- -- -- -- -- -- -- --
〜170cm -- -- S S S / M M M SS SS SS SS -- --
〜175cm -- -- S / ST S / ST S / SMT / M SMT / M M SS SS SS SS -- --
〜180cm -- -- ST ST SMT / M / MT SMT / M / MT / ML M / MT / ML ML / L L / SS L / SS SS -- --
〜185cm -- -- ST ST SMT / M / MT SMT / M / MT / ML M / MT / ML ML / L L / XL / SS L / XL / SS XL / SS XL / XXL XXL
〜190cm -- -- -- -- MT MT / ML MT / ML ML / L L / XL L / XL XL XL / XXL XXL
〜195cm -- -- -- -- MT MT / ML MT / ML ML / L L / XL L / XL XL XL / XXL XXL
〜200cm -- -- -- -- -- -- -- -- XL XL XL XL / XXL XXL
〜205cm -- -- -- -- -- -- -- -- XL XL XL XL / XXL XXL

ウエットスーツは身長と体重の両方の点から適切にフィットする必要がありますが、楽な着心地をお求めの場合は1サイズ上のサイズをお選びください。タイムの向上という点では適正サイズをお選びください。複数のサイズが該当する場合は、最も大きいものを選んでいただいたほうがフィットしやすいです。

ウェットスーツの袖は、肩周りが突っ張らないように、手首の骨(尺骨の先端)を指1本分以上は露出させます。腕の旋回が窮屈な場合は、袖口から更に腕を出し、上腕のフィットを緩めます。

脚部では、脛を3/4程ウェットスーツから出してください。くるぶしまで隠れてしまう事はありません。

首はウェットスーツの中で最も水が浸入しやすい場所なので、しっかりとフィットしている必要がありますが、呼吸が苦しくならない程度のフィット感です。首が詰まっていたり、緩すぎる場合は、サイズが合っていません。

ウエットスーツには男性用と女性用がありますが、フィット感や浮力バランスが異なります。男性用を好んで着用する女性もいます。