SCIENCE

【「3:5」「4:4」「3:3」この数字は何を意味するのか?】

異なるタイプのアスリートに向けて、ただ1種類のスーツを提案する…というのは理想的ではない。水に浮き、泳ぎ、水をかく。皆がこの同じ動作をするなかで、それぞれに違いや差が生まれているという事実に気づくのに、時間がかかってしまった様です。

85%以上のトライアスリートは、競泳のバックボーンを持っていない。
この事実がありながら、アスリート達のニーズと現状の市場にズレがあることもまた真実だと、HUUBは理解しています。

サイクルやランニングをバックグラウンドとする多くのアスリート達は、スイム時に下半身が沈みがちになるので、それを上げる必要があります。

適正なウェットスーツは、大半のスイマーの水中での抵抗を最大30%低減させる。
HUUBではこれらの事実を念頭に、各々のアスリートのタイプに合わせて、大きく3種類の浮力が異なるウェットスーツを開発しました。

3:5

上半身部に3ミリ厚、下半身に5ミリ厚の素材を使用。沈みがちな下半身の浮力を強化。
85%のトライアスリートは競泳以外のスポーツ経験者であり、彼らの多くがスイム中の下半身の沈みに苦労しています。もちろん、下半身部の浮力を強化したウェットスーツは他にも存在していますが、特に上半身と下半身の浮力のバランスが大きく違うアスリートへ向けたものは今までにありませんでした。HUUBのウェットスーツを着用するまで、下半身がこんなに上がるとは思わなかったでしょう。スイマーとして開花する日も間近です。

洗練された、ハイ・テクノロジーのウェットスーツをデザインするにあたって、HUUBでは従来使用していたネオプレンから、浮力とストレッチ性に長けた新しい素材へ移行しています。

4:4(スイム上級者向け)

上半身と下半身に4ミリ厚の素材を使用。
HUUBの4:4ウェットスーツは、3:5バージョンの浮力が必要なく、スイム時すでに適正なボディポジションがとれているスイム上級者向けです。完璧に配分された浮力は、ストローク技術のバランスや一体感、効率などキープしてくれます。

3:3(ウィメンズのみ/スイム上級者向け)

上半身と下半身に3ミリ厚の素材を使用。
3:3はウィメンズ用スーツのACARAにのみ採用されており、これにはある明確な理由があります。女性の身体は男性に比べ筋肉量が少なく、自然な浮力が既に備わっています。更に薄く、軽いスーツの柔軟性はもちろん、Swim Smoothによるデザインワークは、適正なボディポジションをサポートする他、浮きすぎたりアンバランスになってしまう状態を防ぎます。より薄い素材を使用している事で着脱を簡単にし、見た目にも容積が小さくなります。